花粉症治療について書いています

男性の成人式の正装である袴について

男性の成人式の正装である袴について

男性の成人式の正装である袴について

成人式の男性衣装に袴は元ヤンっぽいのか

成人式の男性服で袴を選ぶと、元ヤンっぽく思われてしまいがちです。

それは、元ヤンの人はその地方によって異なりますが、成人式の男性用衣装で袴を選ぶ傾向があることからです。

袴は一般的に男性の和服における第一礼装とされています。

女性の振り袖と同じような位置であるため、きっちりとした印象を受けるというのが一般的です。

しかし、色の派手なものや元ヤンが好んで着るようになったことから、そのイメージが大きくなってしまっているのが現状です。

1990年後半ごろから、テレビで荒れる成人式などと報道されはじめ、そのイメージが確立されてしまいました。

特に沖縄や福岡など地方都市でそのような傾向が見られる様になっています。

しかしその頃から色々なデザインや、カラーのものが増え始めました。

オーダーで色を作ったり刺繍をいれたり出来るようになり、さまざまなものが作られています。

また、需要も増えており専門の衣装レンタル業者などもあります。

またこの衣装のために、お金を貯めて晴れ着として着用している人も多く、友達同士で色違いなど合わせて購入したりと、衣装を着ることが一種のイベントのようになっています。

きっちりと魅せたいと思うなら、黒や白のスタンダードな物を選ぶのが良いです。

購入するなら紋付と羽織に家紋を入れておけば、葬儀や結納の場でも着用することができるので便利です。

またオリジナルで派手な物を、と言う人は様々なカラーやおめでたい金色銀色などの袴もあります。

成人式で袴を着ているのは元ヤンの男が多いのだろうか。